スクロールバースクリプト地域情報サイト

レオピン健康情報とブログ日記です♪

岐阜県海津市平田町今尾にある大和屋薬局というくすり屋です。私はブログ担当の11代目店主の児玉豊と申します。当局はお客様の健康を守るための相談を受けております。『治す薬』『効く薬』を合理的に考え、健康寿命を伸ばすことを最優先に健康創造のご提案を致します。インターネットからの注文は受けません。医薬品の発送もしてません。m_ _m
ブログは、趣味のことや、食べ物の事が多いかも。^^
0
    二酸化塩素はネット上では賛否両論です!それでも、私は薬剤師なので使います。100の治療よりひとつの予防と考えているからです。

    20190131_003.jpg

     

    インフルエンザが驚異的に感染を広げています。

    昨日も名古屋刑務所にて300名ものインフルエンザ

    感染を起こしていると報じられています。インフル

    エンザワクチンは、厚生省も感染予防の効果ゼロと

    認めていますし、マスクも同省はインフルエンザ予防

    に全く推奨していません。すでに、マスコミで発表

    しているのですから、事実を知っているか?知らない

    か?だけですよね。ですから、残された予防法は、

    インフルエンザウイルスの浮遊している空間で息を

    吸わない!事だけかもしれませんが、普通に生活して

    いれば、それは難しい。

     

    それなら、インフルエンザの予防は?????

    大和屋薬局では、ネット上では賛否両論ですが、

    二酸化塩素やコロカリア飴を推奨しています。

    二酸化塩素は、インフルエンザワクチンと違って

    確実にインフルエンザウイルスを殺します。ただし

    二酸化塩素濃度や、使用するときの湿度に大きく

    作用がかかわるようです。でも、お国がお墨付きで

    予防が完全でないワクチン注射を使うよりは、私は

    有効だと考えます。インフルエンザの予防も出来て

    ないで(予防していると勘違いしているか)感染し

    発病し、運悪くインフルエンザ脳症にかかるよりは

    1万倍安心だからです。二酸化塩素のネックレス型

    のものは、うちの子は5歳から使っています。よく

    言われる、やけど(笑)、発疹、息苦しさ等の副作

    用は自分も含めてゼロです。85歳の老人も、そう

    いう副作用はゼロです。でも、インフルエンザには

    感染していません。私からすると当然です。ワクチ

    ンの注射は、私は30年以上打った事がないですし。

     

    また、コロカリア配合のインフルバリアのど飴も

    エビデンスに基いて開発された信頼できる商品で

    特許も取得しているお国のお墨付きのインフルバ

    リアです。

     

    さらには、ダチョウの抗体マスクも、通常のマスク

    を使うよりは、インフルエンザ予防効果が期待でき

    ます。マスクですから、100%の予防とは行きま

    せんが、ワクチン注射程度のもしくはそれ以上の

    効果が期待できます。

     

    環境管理はとても大切で、部屋の湿度を50〜60

    %に保つことも大切になります。

     

    でも、一番大切なのは、元気なカラダ、抵抗力の

    あるカラダを保つことです。大和屋薬局では、肺と

    肝臓の滋養強壮剤を最もお勧めしていります。元気

    が全てです。皆様も、しっかりとした危機管理で自分

    の体は自分で守りましょうね。

     

    参考資料 厚生労働省HPより

    20190201_005.jpg

     

    重症化を予防ということは、感染、発病した後の話です。

    予防は、感染、発病しないことです。どちらがいいのか

    改めて問うまでもありません。私はよくたとえ話で話す

    予防の話があります。がん保険に入ってがんにかかり

    保険金を受け取るのがいいのか、がん保険に入らないで

    がんにならないように予防に心がけ、がんに生涯ならな

    いほうがいいのか?両方するのが一番でしょうが、人間

    はなかなか二兎追うものは・・・で、どちらかしか出来

    ません。これが、事実だと現実を見て思います。予防し

    元気でいることが、全てだと医療従事者として私は思う。

     

    | 健康のコラム.... | 16:47 | comments(2) | - | pookmark |
    0
      コストコにて、大和屋薬局のこだわり健康食材。グレープシードオイル&ロカボナッツ

      20181124_002.jpg

       

      大和屋薬局の健康指導でよく話す油やミネラルの話し。

      私自身は、料理で使用する油はグレープシードオイル

      と決めています。ミネラルの補給の一部としては、

      ロカボナッツを使っています。どちらも、コストコで

      購入しますが、かなりお気に入りの商品です。

      | 健康のコラム.... | 08:56 | comments(0) | - | pookmark |
      0
        軽度認知症MCI予備軍の検出法の一旦として握力計を配置しました。大和屋薬局

        20171206_001.jpg

         

        男性で握力が26キロ以下の方

        女性で握力が18キロ以下の方

        は、認知症になるリスクが2.1倍になるという

        データを国立長寿医療研究センターや名古屋

        学芸大学の下方浩史教授のチームが発表され

        ましたので、大和屋薬局でもお手軽に握力が

        測れるように、機械式握力計を店頭にご用意

        しました。握力を測って少し心配だった方は

        握力アップのトレーニングを行うことで認知

        症の予防に役立つということなので、効率的

        なトレーニング法をご指導します。^^

        | 健康のコラム.... | 10:22 | comments(0) | - | pookmark |
        0
          海津市健康つくり推進協議会に出席しました。

          20170323_001.jpg

           

          海津市の健康つくり推進協議会が海津庁舎にて開催されました。

          市民の健康意識を知ることの出来たアンケート集計は、とても

          分かりやすかったです。アンケートでの結果が今後の海津市健

          康事業に反映されれば素晴らしいと感じました。

           

          子どもたちには運動、食育、タバコの害、お酒の害

          勤労世代には、運動、悩み相談

          高齢者には、検査、運動、アトラクション

          と盛り沢山。

          私個人的には、もっと高齢者の予防医学に力を注いで欲しいと

          感じました。特に認知症予防ですね。高齢者が健康でいてくれ

          れば医療費削減となり、その分の財源が子どもに回すことも可

          能ですから。少子高齢化、勤労世代減少で市の収入が減るのに、

          高齢者への医療費が上げれば、海津市の未来はないです。10年

          後の海津市のためには、健康つくり推進協議会の役割は何より

          大きいと感じ協議会を終えました。

           

          本日は、ありがとうございました。

          | 健康のコラム.... | 17:07 | comments(0) | - | pookmark |
          0
            そろそろ本格的なアレルギー性鼻炎シーズンです。

            20170312_001.jpg

            アレルギー性鼻炎は、今では年中かかっている方も見えるようですが

            はやり春先から梅雨までが患者数は急増します。

            20170312_002.jpg

            大和屋薬局のアレルギー性鼻炎の効く薬や補助役の一部です。

             

            先日の雪降りの冷え込みで僅かに花粉も少なく

            なったようですが、これから梅雨頃までは、

            アレルギー性鼻炎の方には避けない嫌な季節と

            なります。大和屋薬局では、色々な種類のお薬

            を用意して多くのお客様に対応できるようにし

            ております。アレルギー性鼻炎で食生活におい

            て気をつける事は、夕食後の水分や甘いものの

            とり過ぎに気をつけることでしょう。

            | 健康のコラム.... | 09:05 | comments(0) | - | pookmark |
            0
              エーザイさんが、在宅医療のための服薬支援マシーンを

              20160701_008.jpg

               

              先日の養老町での認知症連携協定の関係で、エーザイさんが

              服薬支援マシーンを紹介してくれました。クスリを飲み忘れ

              ないための機械で、『おばーちゃーん、クスリの時間だよ』

              と録音した孫の声でクスリ服用時間をお知らせしてくれます。

              そして、そのとき飲むクスリが、ウィーーーンと機械から出

              てきて、飲み終えたら容器を戻します。すると、ネットで

              お薬を無事に飲んだというお知らせが医療機関に届くそうで

              す。至れり尽くせり。でも、この機械を管理する体制を作る

              ことは、大変そうで、もう少し整備が必要かと思いました。

               

              まずは、お薬手帳の1冊化の徹底でしょうか!医療機関ごと

              にお薬手帳を変えていては、お薬手帳を使う意味が半減して

              しまいます。お薬手帳をお持ちの方は、1冊化しましょう。

               

               

               

              20160701_007.jpg

              | 健康のコラム.... | 13:46 | comments(0) | - | pookmark |
              0
                平田中学校の防煙教室です。
                20151207_002.jpg
                稲田先生による防煙教室に参加してきました。


                来期から海津市薬剤師会も防煙教室のお手伝いをすることと
                なりそうなので、本日は平田中学校に防煙教室を見学に行っ
                てきました。海津市薬剤師会では、毎年、薬物乱用防止出前
                講座は行なっていましたが、来期からは更に忙しくなりそう
                です。こういう講座は、すべてボランティアですが、地域の
                子供たちのためですから、どんどん行なって行きたいと考え
                ています。

                20151207_001.jpg

                教室の中で、面白い話がありましたので紹介します。
                タバコの価格の6割は税金で、1年間の税収は2億円ほどに
                なるそうです。ところが、タバコが原因で病気になる人の
                保険医療費は年間5億円ほどかかるそうです。つまり、
                年間3億円の赤字となるそうです。
                | 健康のコラム.... | 15:20 | comments(0) | - | pookmark |
                0
                  学校医師、保健主事、養護教諭研究協議会に出席しました。
                  20151203_001.jpg


                  学校保健安全法施行規則の一部改正等について(通知)平成26年4月30日 

                             色覚の検査について

                     学校における色覚の検査については,平成15年度より児童生徒等の健康診断の必須項目から削除し,希望者に対して個別に実施するものとしたところであるが,児童生徒等が自身の色覚の特性を知らないまま卒業を迎え,就職に当たって初めて色覚による就業規制に直面するという実態の報告や,保護者等に対して色覚異常及び色覚の検査に関する基本的事項についての周知が十分に行われていないのではないかという指摘もある。
                     このため,平成14年3月29日付け13文科ス第489号の趣旨を十分に踏まえ,1.学校医による健康相談において,児童生徒や保護者の事前の同意を得て個別に検査,指導を行うなど,必要に応じ,適切な対応ができる体制を整えること,2.教職員が,色覚異常に関する正確な知識を持ち,学習指導,生徒指導,進路指導等において,色覚異常について配慮を行うとともに,適切な指導を行うよう取り計らうこと等を推進すること。


                  本日は、学校医師、保健主事、養護教諭研究協議会に出席
                  しました。本日の研究協議会は、医師会担当でしたので、
                  眼科医の鷹尾眼科の先生がご講演されました。内容は色覚
                  の検査や色覚異常の基礎知識についてです。法改正で今後、
                  海津市でも小中学校で色覚検査が行なわれるようになるで
                  しょう。今年は初年度でしたが、海津市内の全ての小中学
                  校にて、色覚検査が行なわれた、もしくは行なう予定でる
                  ということでした。もちろん希望者のみで行われたようで
                  す。

                  日本人の色覚異常者は、男性で20人に1人(5%)、
                  女性は500人に1人(0.2%)だそうです。また、女性
                  の10人に1人は色覚異常は出ていないが色覚異常の遺伝
                  子を持っていると言われています。つまり、中規模の学校
                  なら、1学年に1,2人は必ず色覚異常者が居ることにな
                  ります。色覚異常は、先天的なものが多く、症状がひどく
                  なることもない代わりに、治す方法もないのが現状だそう
                  です。ですから、検査では自分が色覚異常かそうでないか
                  を調べるだけですが、色覚異常だと勤めることの出来ない
                  職業があるため、早い段階で事実を知ることが大切だとい
                  えます。
                  | 健康のコラム.... | 18:39 | comments(0) | - | pookmark |
                  0
                    第19回西濃在宅緩和ケア研究会に参加してきました。
                    2015-12-02 19.11.00.jpg
                    臨床宗教師という職種をはじめて知りました。
                    2015-12-02 22.52.36002.jpg

                    第19回西濃在宅緩和ケア研究会が大垣市情報工房5階
                    スインクホールにて開催されましたので参加してきました。

                    今回の研究会で、臨床宗教師という職業を始めて知りました。
                    基本的には、お坊さんですが、臨床宗教師として働いている
                    時は、ご自身の宗派は持たずに、患者さんのほうに合わせる
                    という宗教者です。終息を向かえる患者さんには、医療的な
                    アプローチとともに、宗教的なアプローチもすごく重要とい
                    う考えから生まれたものですが、アメリカでは、この職業は
                    一般的でチャプレンとして、各場所で活躍されているようで
                    す。日本では、まだまだ歴史は浅く、一般的になるには時間
                    がかかりそうですが、2025年問題までには重要な職種にな
                    ることは間違いないように思えました。2025年問題とは、
                    多死者社会問題ですから。。。
                    | 健康のコラム.... | 10:54 | comments(0) | - | pookmark |
                    0
                      「心の健康」講演会に出席してきました。
                      2015-11-16.jpg

                      毎年行なわれる「心の健康」講演会に出席してきました。
                      今年は、不登校の未然防止と初期対応について文部科学省の
                      方が話されました。講演内容は、非常に面白く、ためになる
                      ものでした。といっても、薬局の薬剤師の私には、直接関係
                      ない話ばかりでしたので、より客観的に講演を聞けて楽しめ
                      たのではないかと感じております。実際、講演では、小学校
                      の教員に対し非常に厳しい発言もありましたし、上から目線
                      の意見もあって、直接の関係者には厳しい講演会だったよう
                      に感じました。流石、お上です。

                      ただ、講演会の中で、不登校、いじめの表れは確実に小学校
                      にあり、ここから改善しなければ、未来はない!との言葉は
                      妙に納得出来ました。幼い可愛い小学校1年生から中学に上
                      がるまでの小学6年間は、とてもとても大切な時期だという
                      ことが、よーーーく分かりました。特に、子供たちが自分は
                      必要な存在であると認識させること、自分が自分を好きな存
                      在であることを自覚させることを、小学教育で身につける事
                      が出来れば、いじめ、不登校は少なくなるという発表には
                      大きくうなずく事が出来ました。

                      素晴らしい講演会を開いて頂きました関係者一同に感謝。
                      | 健康のコラム.... | 18:19 | comments(0) | - | pookmark |

                      さくらカレンダー

                      VIBES web
                      HARLEY FAN CULB
                      CATEGORIES

                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode



                      LINKS
                      PROFILE
                      無料ブログ作成サービス JUGEM